あなたが質屋を利用するのであれば、避けた方がいいお店には、いくつかポイントがあります。

ひとつめは、質屋の許可証を見える所に掲示していないこと。

質屋は許可がなければ営業できません。

また、許可証というのは、特に理由がない限り、店舗の見えるところに掲示しておくことが求められます(飲食業などの場合と同様です)。

ですから、お店に入ったら、まずは許可証を探してみましょう。

次に、お店の中が不潔で暗い場合、あまり良い査定をしてくれるとは思わない方がよさそうです。

店が汚くても客は来る、という慢心の現れですから、査定も必要以上に厳しくしてくる可能性があります。

また、査定の説明について、不明瞭な部分があったり、質問にはっきり答えてくれない場合も、質入れを避けた方が無難です。

何か隠し事をしているというのは、店側にメリットがあり、あなたが損をしているからに他なりません。

これを見破るには、疑問を全て伝えることです。

しっかりとした答えが返ってくるのであれば、信用できる証拠です。

最低でも、これらのポイントをチェックしておけば、悪質な質屋に騙されることはないと思われます。